“競合プレゼンで選ばれるためには、僕は「肯定とサプライズ」がセオリーと思っています。 クライアントが求めているもの、それをまず受け容れ、認め、肯定します。その上で、さらに期待を上回るサプライズを用意する、…”


“競合プレゼンで選ばれるためには、僕は「肯定とサプライズ」がセオリーと思っています。
クライアントが求めているもの、それをまず受け容れ、認め、肯定します。その上で、さらに期待を上回るサプライズを用意する、ということです。
彼らの求めているものが間違っている、と感じることもあります。
でも、あなたたちは間違っています、僕らの考え方が正しい、と主張しても、納得してもらえることはまずありません。
彼らにしかわからない事情があることもあるし、クライアントの方が長く深く考えていて、じつは僕らの方が浅はかだったということも多いのです。”

勝たなきゃ意味ないんで。 | (via suzukishika)

Visit our friends' Awesome Asian Sites

   
  Full length Japanese AV Streaming and Downloads